G400 max ドライバー 試打

Pingゴルフから発売されているping g400 maxドライバー。g400シリーズの中で最後に発売されたモデルです。飛距離を求めるゴルファーに人気のping g400 maxドライバーについてモデルの特徴、試打の評価を取り上げます。. 「MAX」はヘッド体積が460ccにも関わらず、G400 MAXにはなかった弾道調整機能を搭載できていますが、それは上記のような進化があるからです。 Gシリーズはこれで11代目となりますが、毎回、低・深重心化を達成し、よりミスヒットに強いクラブとなっています。. ちなみに今回はgドライバーとg400ドライバーを交互に打ち比べているのですが、ここでも面白い結果が出ました。 g400 max ドライバー 試打 のです。 これは実に興味深い結果でしたね。 実際、今回の「alta j cb r」試打結果では、gドライバーの平均キャリーが約1ヤード上回っています。.

どーもです。 ピンのニューモデル「g400 max」ドライバーと「g700」アイアンを試打できました。両者の新技術等はすでにレポしているping「400 max」「g700」新製品発表会をご参照ください。. ピンゴルフ G400 MAX ドライバー の口コミならmy caddie(マイキャディ)。ゴルフ用品・ゴルフクラブの口コミ・評価サイトです。自分のゴルフ用品・ゴルフクラブの管理はもちろん、ゴルフ場のラウンド日記としてもご利用いただけます。. 年10月21日更新:宮里美香プロによるMAXドライバー3種の試打動画を追加しました。 年はモデル名に「MAX」が入ったドライバーが、海外ブランドの間で増えています。 「MAX」という 1 みんなのゴルフダイジェストによるg400全モデルの試打・評価; 8 ping g400ドライバーのスペック. ピン「G400 マックス(MAX)」は本当にブレない? ピン「G400 ドライバー」よりさらにブレないモデルとして、3月に発売された「G400 マックス ドライバー」。ヘッド体積は460ccとシリーズ最大で、より安定感のあるモデルとして人気が高い(G400は445cc)。「G400」で感じた直進性に寛容性がプラスされ. ping g400 max ドライバーが発売されます。 ping g400 max ドライバー. 5°(alta distanza)★ g400に最強の真打登場! 今回は、私マーク金井が年に試打した多くのゴルフクラブの中から、特に気になったクラブをご紹介します。まずは、ピンのg400 maxドライバー。人気がありますよね。. ピン『g400 max』ドライバー、『g700』アイアンはhsが遅い人の新たな選択肢 pingの年モデルの試打ラウンドに、マニアックチーム+本誌ギア担当.

ピンゴルフ「G400 MAX ドライバー」のクチコミ評価、ユーザーレビュー。ヤフーショッピングの最新価格も掲載。スポーツナビDoのゴルフギア情報。人気ランキングや試打レビュー、動画も充実したゴルファー必見のサイトです。. ping(ピン)g400 max ドライバーをゴルフハック編集部で試打評価! PING(ピン)といえば、古いゴルフファンの方には「パター」というイメージがあるかもしれませんが、G400シリーズを筆頭に数々のヒットとなるウッドやアイアンを発売しています。. ゴルフメディアサイト「ゴルファボ」のディレクター。 g400 max ドライバー 試打 3度の飯よりゴルフ好き。理論武装しているが、実力が伴っていない。最近ドローヒッター。 平均スコア:90 ドライバー平均:250y 年齢:37歳. 今回の試打インプレは「PING G400 MAX」 昨年の日本ツアーで男子・女子共に賞金王が使っていたG400の追加バージョンです。 445ccだったヘッドが460cc.

g400 max ドライバー. 6 g400ドライバーの試打・評価. ★ping g400 maxドライバー10. ピン『g425 max』ドライバーのアマ試打レポ。 「ど下手クソでも、ミート率1. 今回試打したのはピンの新作、g400 マックス ドライバーです。g400といえば抜群の安定性を誇るドライバーとして話題になりました。私の回りのゴルファーにもピンg400を使うようになってからミスが格段に減ったという人が何人かいます。.

More G400 Max ドライバー 試打 videos. g400 maxドライバー の試打・評価・感想 投稿日:年8月22日 更新日: 年5月22日 PING ピンゴルフ ジャパンから発売されているG400 MAXドライバー。. PING G400 MAX マックス ドライバー を試打しました。 どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。 目次 1 試打クラブ2 G400シリーズに追加された「G400MAX」3 構え. 今回の試打インプレは「PING G400 MAX」昨年の日本ツアーで男子・女子共に賞金王が使っていたG400の追加バージョンです。445ccだったヘッドが460ccになったりと色々変化があ. PING(ピン)G400 MAX ドライバーをゴルフハック編集部で試打評価!のページです。ゴルフハック(GolfHack)は趣味やテーマからゴルフ場を探せるゴルフメディアです。「初心者おすすめ」、「バイキングがある」、「レディースティーが優遇されている」など、ゴルフ場を予約する方が一緒に行く. これでg400シリーズのドライバーはスタンダード・sfテック・lsテック・maxの4種類になったわけですな。 最初に出た3種類のG400シリーズのドライバーは、ヘッドが小さくなったりして、僕的にはかなり使いやすくなってとても気に入っています。. 前作と同じように3タイプのヘッド形状が存在する。 ①スタンダード•タイプ ②sf tec(sfテック) 抜群のつかまりで右のミスを抑える。ドローが打ちやすい。.

g400シリーズは抑えられた打音でしたが、このg400 maxは、ちょっと弾きのある打音がします。逆に、パワーのない人が打っても飛んでいくフィーリングが味わえるドライバーだと思います。. ※半年後に追加された g400 max ドライバー の試打の評価はこちら. /04/10 マーク金井の試打インプレッション.

そして試打ついでに、g400 max 9度と、g400 sf g400 max ドライバー 試打 tec 9度を試してみる。 シャフトは PING TOUR 173-65 g400 max ドライバー 試打 S。 うん、G400は、現在使用しているG30の後継モデルだけあって、打感や打音がしっくりくる感じだwww. 今回はピンの「g400 マックス ドライバー」を試打してみたいと思います。 「マックス」の名の通り、ヘッド体積がルール上限の460ccになり. 1 マーク金井氏によるg400ドライバーの試打; 7 g410とg400ドライバーのどちらが飛ぶか?飛距離を比較した動画. そのため、名称からはg400 maxドライバーの後継のように思えますが、位置づけがやや異なります。 g425シリーズの3種類の概要・特徴については下記記事をご覧ください。 ≫ ping g425ドライバー(max・lst・sft)の最新情報まとめ. 1 マーク金井氏によるg400maxドライバーの試打. ピンの新作ドライバー「g400」の試打記事です。 さて、このg400ドライバー。超私的なことを言わせてもらうと、年モデルの中で「すぐに買いたくなる」ドライバーの1本です。.

今回は年のpingの最新モデル 『g400 max』 ドライバーを試打してみました。 ping契約プロの評価も非常に高く、鈴木愛プロは使用を開始しています。 はっきりいってかなりいい感じのフィーリングで、優しく打てるドライバーに仕上がっていました. GDO編集部ミーやんとゴルフライターのツルさんが、ノーマルモデルの445ccから460ccに大型化して安心感が増した「ピン G400 マックス ドライバー」を試打して、2人のマイクラブとデータ比較しちゃいます!. ただ、つかまり重視というドライバーではないので、右のミスが多いという方は、並行して発売されているg400 sfテックを試してみてください。 g400シリーズ。「楽」に「安心」して「飛」ばせる、夢の三拍子そろったクラブの実力を、ぜひお店でお試しあれ♪. 5マシーン! 先週の「ニトリレディス」でピン契約プロたちが投入して. どーもです。 ピンのニューモデル「g400」シリーズを試打出来ました。ドライバーで3モデル、fwで3モデル、utで2モデル、アイアンで1モデルと計9モデルですが、ドライバーはデフォルト「g400」でカスタムシャフト4本も試したので、計12本の大量試打となりました。. 2 ping g400 g400 max ドライバー 試打 maxドライバー; 3 ソールウェイトはg400スタンダードの2倍! 4 フェースのたわみが13%アップ; 5 g410 plusのクラウンには、タービュレーターを搭載! 6 g400maxドライバーの試打・評価. 今回は、ping「g400 maxドライバー」をゴルフライターの鶴原弘高さんに試打してもらい、その特徴やおすすめのユーザーについて語っていただき. pingのg400シリーズは、当初、スタンダード、sft、lstの3タイプがリリースされ、ヘッドサイズが445ccと操作性が高いこともあり、ツアープロにも好んで使われているモデルです。 そして、後から発売されたのがg400 max ドライバーです。.

唯一、g400 maxという460ccのドライバーがg410発売後も廃盤にならなかったのは、g410だけがこのモデルの寛容性(慣性モーメント)を超えることができなかったからでしょう。 そのいずれも超えることに成功したのがg425 maxということなのでしょうか。. 今日は、このゴルフクラブを試打しました。 試打クラブは PING G400 MAX ドライバー です。 シャフトは alta j cb です。 ロフトは9度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS です。 PING G400のニューモデルです。. これまでは445ccの3つのタイプがラインナップされていましたが、 今回は460ccの大型ヘッドで極限まで慣性モーメントを高めたモデルとなっています。.